ダイレクトボックスおすすめ6選【2021年】

エフェクター

この記事とは、ダイレクトボックスとは何かについて解説し、おすすめのダイレクトボックスを紹介します。

ダイレクトボックスとは

ダイレクトボックスとは、エレキギターやベース、キーボードなどの楽器の出力を、直接ミキサーに入力できるようにするための機材です。

ダイレクト・インジェクション・ボックス(Direct Injection Box)を略して「ダイレクトボックス」や「DI(ディーアイ)」と呼ばれます。

ダイレクトボックスの機能

ダイレクトボックスの機能は、以下の2つです。

  • インピーダンス変換
  • アンバランス信号をバランス信号へ変換

インピーダンス変換

エレキギターやエレキベースから出力される信号はハイインピーダンスなので、直接ミキサーに入力すると音質が劣化したりノイズが発生したりします。

ギターとミキサーの間に、ダイレクトボックスを接続し、ギターから出力されたハイインピーダンスの信号をローインピーダンスに変換してからミキサーに入力すると、本来のサウンドのまま入力することができるようになります。

アンバランス信号をバランス信号へ変換

エレキギターやエレキベース、キーボードなどから出力される信号はアンバランス信号のため、ケーブルで長い距離を引き回すとノイズが混入しやすくなります。

ダイレクトボックスで、アンバランス信号をバランス信号に変換してから、ケーブルを引き延ばせばノイズの混入を防ぐことができます。

ダイレクトボックスの種類

ダイレクトボックスには、パッシブタイプとアクティブタイプの2種類があります。

パッシブタイプ

パッシブタイプは、電源が不要なタイプのダイレクトボックスです。

かんたんに使用できますが、入力インピーダンスをアクティブタイプほどには高くできないため、極端に高いインピーダンスの信号を出すギターなどでは、効果的でないことがあります。

アクティブタイプ

アクティブタイプは、電源を用いるタイプのダイレクトボックスです。

入力インピーダンスがかなり高くても、十分な効果が得られます。

おすすめダイレクトボックス

Boss / DI-1 Direct Box

Boss / DI-1

Boss ( ボス ) / DI-1 Direct Box は、アクティブ方式によるプロ仕様のDI・ダイレクトボックスです。

3段ゲイン・セレクター、オート・パワー・オフ、ファンタム・パワー自動切換、グラウンド・リフト機能など多彩な装備した、高性能なモデルです。

Countryman / Type85

Countryman / Type85

Countryman ( カントリーマン ) / Type85 は、世界的定番のアクティブ・ダイレクトボックスです。

古典的なチューブ・マイク・プリアンプのように、シングルエンドのクラスA回路に織り込まれた高品質ディスクリートパーツのみを使用しており、非常に滑らかで甘い音を出力します。

一般的なアクティブDIボックスとは異なり、ファンタム電源で動作している場合でも常にグランドを分離し、グランドの問題からハムやバズを除去するのに役立ちます。

Behringer / DI400P

Behringer / DI400P

Behringer ( ベリンガー ) / DI400P は、低価格なパッシブタイプのダイレクトボックスです。

ハムノイズのような典型的なグラウンドループを除去するグラウンドリフトスイッチを備えています。

Radial / Pro DI

Radial / Pro DI

Radial ( ラジアル ) / Pro DI は、コストパフォーマンスに優れたフルレンジ・パッシブDIです。

カスタムメイド・トランスを採用し、幅広い周波数帯をナチュラルに再生します。

Radial / Pro D2

Radial / Pro D2

Radial( ラジアル ) / Pro D2 は、ステレオ仕様の定番パッシブDIです。

アコースティック・ギア、ベース、キーボードなど、様々なソースに対応します。

L.R.Baggs / Para Acoustic D.I.

L.R.Baggs / Para Acoustic D.I.

L.R.Baggs ( エルアールバックス ) / Para Acoustic D.I. は、原音を忠実に増幅する超定番エレアコ用プリアンプ/DIです。

ナチュラルに太いサウンド、立体感が得られます。

DIとしても高性能、高音質を誇り、アコギ弾き必携の一台です。

L.R.Baggs / Para Acoustic D.I.
L.R.Baggs
Para Acoustic D.I.