ウインドシンセサイザーおすすめ7選【2021年】

管楽器

「サックスやクラリネットを始めたいけど、大きな音を出せる練習場所がない。」そんなときに便利なのが、ウインドシンセサイザーです。

ウインドシンセサイザーなら、騒音の問題を気にすることなく、いつでもどこでも気軽に練習することができます。

今回は、おすすめのウインドシンセを紹介します。

ウインドシンセサイザーとは?

ウインドシンセサイザー(Wind Synthesizer)とは、木管楽器や金管楽器と同様の奏法で演奏できるシンセサイザーのことです。

クラリネットやサックスをモチーフにした棒状の管体に、口にくわえるマウスピースを備えています。

ブレスやタンギングなど息を使って電子音源を操作でき、鍵盤では出せないようなピッチの移行や音量の変化の繊細なニュアンスを表現できます。

管楽器の音色だけでなく、バイオリンやオルガン、シンセサイザーの音など様々な音色を鳴らすことができます。

操作が簡単で、時間や場所を選ばず気軽に使えるため、管楽器経験者だけでなく未経験者のか方にも人気です。

ウインドシンセのメリット

時間や場所を選ばない

ウインドシンセは、スピーカーの音量を下げたり、ヘッドホンを使ったりすれば大きな音が出ないので、騒音などの問題を心配する必要がありません。

時間や場所を選ばず練習することができます。

簡単に音を出せる

管楽器は初心者では、音を出すことも難しいですが、ウインドシンセなら管楽器未経験者でもすぐに音を出すことができます。

メンテナンスが不要

本物の管楽器には定期的なメンテナンスが必要ですが、ウインドシンセにはメンテナンスは必要ありません。

様々な音色を演奏できる

ウインドシンセは、管楽器の音だけでなくバイオリンやオルガン、シンセサイザーなど様々な音色を出すことができます。

かんたんに移調できる

クラリネットの楽譜をアルトサックスで演奏するには移調の必要がありますが、ウインドシンセなら調性を自分好みの組み合わせに自由に設定できます。

おすすめウインドシンセサイザー

Akai / EWI Solo 60000

Akai / EWI Solo

Akai(アカイ) / EWI Solo は、EWIシリーズの最新モデルでスピーカー内蔵のウィンドシンセサイザーです。充電池を内蔵しているので、これ1台でどこでも気軽に演奏できます。

ヘッドホンや外部スピーカー、オーディオインターフェイスへの出力に加え、USB-MIDI接続によるソフトウェア音源の演奏も可能です。

音源には、リアルな音色を鳴らすことができるPCM音源を搭載しています。クラリネットからシンセサイザーまで200もの音色を収録しており、多彩な演奏が可能です。

本体のダイヤルを回すだけでフルート、オーボエ、サックス、EV(I エレクトリック・バルブ・インストゥルメント)の運指モードが選択可能です。管楽器のプレーヤーであれば、慣れた運指ですぐに演奏できます。

購入者の口コミ・レビュー

入門グレードとのことですが、上位機種のEWI5000と比べて、特に劣る要素はありません。アップベンドが省略されていますが、これは実際の演奏では使う頻度が少ないものですからそれほど影響はありません。ダウンベンドをうまく使えば音程を上げるような吹き方も可能ですから。
引用 : Amazon

みなさん音量が小さすぎると指摘していますが、この筐体でこの音はかなり頑張っていると思います。室内練習用と思えばいいですし、小型のBluetoothスピーカーなどにつなぐと見違えるような音になります。
引用 : Amazon

Akai Professional / EWI Solo
Akai Professional
EWI Solo

Akai / EWI5000

Akai / EWI5000

EWI は、Electronic Wind Instrument の略でウインドシンセサイザーの定番シリーズです。

Akai ( アカイ ) / EWI5000 は、リアルな楽器音を出すことができるPCM音源を採用したウインドシンセサイザーです。PCM音源は、録音しておいた楽器の音を再生する方式で、非常にリアルな楽器の音を出すことができるのが特徴です。

リアルな管楽器サウンドをはじめ、オルガンやベース、シンセサイザー音など100種類の音色を使用できます。

マウスピースをくわえる強さや吹く息の強さに応じて反応する特殊センサーにより、音程、音質、音量の微妙なコントロールが可能です。さらに、Filter、Breath、Bite、Semi、Fine、Reverb、Chorus、LFOの8つのパラメーターノブを装備し、それぞれ微調整を行うことで、プレーヤーの表現力を余すことなく伝えることができます。

購入者の口コミ・レビュー

63才で始めましたが、今では家族から音符も読めなかったのにそこまで演奏出来るって凄いと感心されてます(笑)
よく音色の事で色々書かれてますが、シンセサイザーです!焦らず落ち着いて操作すれば必ず納得の行く演奏が出来ます。
引用 : Amazon

Akai / EWI USB

Akai / EWI USB

Akai ( アカイ ) / EWI USB は、パソコン内の音源ソフトをコントロールするためのウインドシンセ型コントローラーです。

付属の音源ソフト「ARIA」をパソコンにインストールし、本機からARIAをコントロールすることで音を出します。本体には音源が内蔵されていないので、パソコンと接続しないと音を出すことはできません

パソコンと接続するのが少し面倒ですが、上記のEWI5000よりかなり安いので、低コストでウインドシンセサイザーを始めてみたいという方におすすめです。

購入者の口コミ・レビュー

附属するAriaの音源は、生楽器の音を誠実に再現していると感じます。
IFWなどのフリーの音源も使えますし、自宅の部屋で演奏するだけなら、高価なEWI4000やEWI5000を購入する必要はないと思います。
引用 : Amazon

Roland / Aerophone AE-10G

Roland / Aerophone AE-10G

Roland(ローランド) / Aerophone AE-10G(エアロフォン) は、RolandのウインドウシンセAerophoneシリーズの最上位機種です。

PCM音源で128音色を使用できます。

音量調節のできるモニター・スピーカーやヘッドホン端子を備え、電池駆動も可能です。時間や場所に制限されることなく、いつでも演奏が楽しめます。

購入者の口コミ・レビュー

アルトサックスに憧れていたので、それっぽい音色には感動しています。 また、息の強弱や噛む強弱などでサックスっぽく演奏でき、30万円以上の電子ピアノでサックスの音色を選んで弾くのとは全く違うそれっぽい演奏ができます。 夜でも練習ができるし、MTRに直接録音もできるので重宝すると思います。
引用 : Yahooショッピング

Roland / Aerophone Go AE-05

Roland / Aerophone Go AE-05

Roland(ローランド)/ Aerophone Go AE-05(エアロフォン)は、RolandのウインドウシンセAerophoneシリーズの中位機種です。

PCM音源で、本体には4種類のサックスをはじめ、フルート、クラリネット、ミュート・トランペットやバイオリンの管弦楽器、シンセ音からパーカッション・サウンドまで11種類の音色を内蔵しています。専用アプリを使うと、さらに多彩な50音色を使って演奏できます。

ヘッドホン端子を備え、電池駆動でも使用できるので、家族が集まるリビングでも夜間でも周囲に気兼ねなく、リコーダー感覚の手軽さで演奏を楽しめます。

購入者の口コミ・レビュー

自宅でサックスを練習するのはやっぱり音が気になるので運指の練習のために購入した。
結論から言うとキーの配列はサックスと同じなので、運指の練習には非常に使える。ほとんどこれだけで練習してできるようになった曲をサックスでほぼ一発で吹けたりするので、とても便利。
引用 : Amazon

なかなか気に入りました
というのはサックスもどきを始めて見たかったものの高価なサックスを買うこともできず
また楽器を演奏したこともない自分にできるのかどうかそこが重要な点だったので
その意味では十分なとても素晴らしい楽器だと思いました
音もちゃんと開けたときから出ましたし、早速吹いてみたかった歌を練習中です
引用 : Amazon

Roland / Aerophone Go AE-05
Roland
Aerophone Go AE-05

Roland / Aerophone Mini AE-01

Roland / Aerophone Mini AE-01

Roland(ローランド)/ Aerophone Mini AE-01(エアロフォン)は、RolandのウインドウシンセAerophoneシリーズの最下位機種です。

コンパクトなデザインでどこにでも持ち運ぶことができます。さらにヘッドホンをつなげば、周囲を気にせず演奏に集中することができます。

PCM音源で、 サックス、フルート、クラリネット、トランペット、バイオリン、SAW LEADの音色を使用できます。

Bluetooth接続で使える無料の専用アプリ Aerophone mini Plus を使うと50以上の音色で演奏できます。

購入者の口コミ・レビュー

小学校の縦笛を思い出しながら練習しています。曲を完奏するために時間を忘れ練習してしまいます。夜間でも遠慮なく練習できる点とアプリを見ながら練習できる点がよいです。楽譜もアプリから購入できることから、レパ-トリーも増やすことができます。
引用 : Amazon

本体も軽いです。指を抑えるのも軽いですし吹く力を調節できるのも良いと思います。音色はプロが聴くと多分?と思うこともあるのかもしれませんが初心者には最高です。いろんな楽器の音に変えられるのも楽しいです。初心者なのに上手になった気分でおうち時間を楽しんでます。
引用 : Amazon

Roland / Aerophone Mini AE-01
Roland
Aerophone Mini AE-01

Yamaha / YDS-150 95700

Yamaha / YDS-150

Yamaha ( ヤマハ ) / YDS-150 は、生のサックスに限りなく近いキーの配列のウインドシンセサイザーです。

キーの配列は、ヤマハの生サックスを元に設計されており、自然で滑らかなキータッチを実現しています。

独自のベル一体型アコースティック音響システムによりデジタルでありながらアコースティックサックスを吹いているようなフィーリングが得られます。

スピーカーを内蔵しており、これ1台でかんたんに音を出すことができます。

ソプラノ・アルト・テナー・バリトン、各サクソフォンのキー、音域、音色に切り替えて演奏できます。

さらに、同じサクソフォンの音でもビブラート奏法やジャズからクラシックまで様々なジャンルに対応する音色を内蔵しています。

サクソフォンの56音色に加え、尺八やアイリッシュパイプなど全73音色を奏でることができます。

購入者の口コミ・レビュー

音量調節できますので、自宅で深夜にも練習できます。特に初心者の運指練習に最適ですね。吹奏感は満足できるものです。
引用 :