ファイヤーバードギターおすすめ4選【2021年】

ギター

この記事では、おすすめのファイヤーバードギターを紹介します。

ファイヤーバードとは

ファイヤーバード(Firebird)は、ギブソン社が1963年に発売したギターです。

エクスプローラーを丸くしたようなデザインで、ボディの右側が上に突き出たリバースボディとなっています。

スルーネック構造で、ミニ・ハムバッカー・ピックアップを搭載しています。

ファイヤーバードは、1966年にモデルチェンジが行われ、リバースボディからノンリバースボディ(ボディの左側が突き出ている)に切り替えられました。ネックの接合方法もスルーネックからセットネックに変更されたほか、ピックガードが大型化されました。

ファイヤーバードのベース版として、サンダーバードがあります。

おすすめファイヤーバード

Tokai / FB65 57000

Tokai / FB65

Tokai(トーカイ) / FB65 は、国産メーカーの老舗Tokaiのコストパフォーマンスのよいファイヤーバードです。

中国製でありながら確かな技術で作られています。

Epiphone / Inspired by Gibson Firebird 62000

Epiphone / Inspired by Gibson Firebird

Epiphone(エピフォン) / Inspired by Gibson Firebird は、ギブソンの低価格ブランドであるエピフォンのファイヤーバードです。

マホガニーボディにウォルナットを挟んだスルーネック構造に、インディアンローレル指板を採用しています。

ピックアップにはPro Bucker2&3を搭載しています。

Epiphone / Inspired by Gibson Firebird
Epiphone
Inspired by Gibson Firebird

Epiphone / Firebird 62000

Epiphone / Firebird

Epiphone(エピフォン) / Firebird は、ギブソンの低価格ブランドであるエピフォンのファイヤーバードです。

ヴィンテージ・サンバースト仕上げのマホガニーボディ、Grover 18:1比ミニチューナー、CTSエレクトロニクス搭載のEpiphone ProBuckerハムバッカーを搭載しています。

Gibson / Firebird 215000

Gibson / Firebird

Gibson(ギブソン) / Firebird は、本家ギブソンのファイヤーバードです。

ボディにはマホガニー、ネックには9プライ・マホガニー/ウォルナットが採用されています。

ネックは、スルーネック構造でジョイントされており、高い強度と豊かなサスティーンを誇ります。

スリムテーパーのネックシェイプも優れた演奏性を実現しています。

ミニハムバッカーピックアップを搭載しており、きらびやかでヌケの良いサウンドを出力します。

まとめ

おすすめのファイヤーバードギターを紹介しました。

ファイヤーバード以外のエレキギターについては、こちらを参照してください。

エレキギターの種類一覧!定番から変形ギターまで15種!
エレキギターにはたくさんの種類があり、初心者の方には違いやどれを選べばよいかが分かりにくいですよね。この記事では、エレキギターの代表的なモデルを紹介します。エレキギターの種類ストラトキャスターストラトキャスター(Stra...