ギターアンプおすすめ15選!選び方も解説【2021年】

ギター

この記事では、ギターアンプの選び方について解説し、おすすめのギターアンプを紹介します。

ギターアンプの選び方

ヘッド/キャビネット/コンボ

これは実際には非常にシンプルです。プレイする予定の会場の大きさによって異なります。クラブのデートや小さなホールでも、今日のコンボは、聞く必要のあるパワーを提供するための設備が整っています。

後ろに。巨大な講堂やオープンアリーナを埋めるのに十分な音響火力を目標とする場合は、少なくとも4 x12インチのキャビネットと100ワットのヘッドを備えた強力なスタックが必要になることは間違いありません。

それに対する警告として、一部のプレーヤーは、特定のトーンのためにVox AC30などのより小さなアンプを好み、それから単にアンプをマイクしてPAシステムに実行します(もちろん、PAがそれを処理する場合)。

コンボはオールインワンユニットであり、ヘッドとキャビネットは分離されており、通常は重いことを忘れないでください。

ソリッドステート/真空管

ここでの伝統的な考え方は、ソリッドステート回路ははるかに手頃な価格で優れたクリーンパワーを生成できるというものですが、今日の真空管メーカーの不足により、チューブベースのアンプは同等のパワーのソリッドステートアンプよりも高価になる傾向があります。

これは、パワーアンプがソリッドステートである一方で、基本的なトーンがチューブ駆動のプリアンプによって生成されるいくつかの興味深いハイブリッドにつながりました。

それでも、「真面目な」プレーヤーの大多数は、ほとんどの場合、真空管アンプに傾倒しますが、メーカーが最先端のテクノロジーに基づいた驚くべき新しいアンプを発表するにつれて、態度は変化しています。

結局のところ、ソリッドステートであろうとチューブであろうと、好きなトーンのアンプを選択することが最も重要です。

モデリング

モデリングアンプは、すべての世界で最高のものを提供します。基本的な「練習用」アンプから、必要または必要なほぼすべてのトーンやエフェクトを提供するハイエンドのチューブパワーコンボまで、何でも購入でき、優れたスタジオアンプとしての二重の役割を果たします。

これらのモデリングアンプは、クリーンなリズムトーンからフルアウトのオーバードライブまで、リバーブ、コーラス、フェーズ、フランジ、ディレイなどの多くの「必須」エフェクトとともにすべてを提供します。

さらに、モデリングにより、特定のアンプの音域で「やり遂げる」必要があるという制約から解放されます。洗練されたDSPを使用すると、2 x 12インチのモデリングアンプは、ヴィンテージの1 x10インチのツイードまたは最新の4×12インチのスタックのように聞こえます。

モデリングアンプのすべての利点を合計すると、1959年のフェンダーバスマンの再発行だけが1959年のバスマンのように聞こえると確信している純粋主義者でない限り、それらは非常に理にかなっています。

それらのプレーヤーにとって、モデリングは単に代替手段ではありません。また、プレーヤーの個々のトーンが重要であるため、モデリングが自分に適しているかどうかは、各ギタリストが自分で決定することを認めます。

スピーカーサイズ

サイズの異なるスピーカーは、異なるサウンドを生成します。小さいスピーカーは大きいスピーカーよりも高い周波数を生成する可能性があるため、ツイーターは小さく、ウーファーは大きくなります。

したがって、現実の世界では、10インチのスピーカーは一般的に15インチのスピーカーよりも優れた「トップエンド」を生み出します。オープンバックキャビネットとクローズドキャビネットのデザインにも違いがあります。

そのため、背面が開いた4 x 10インチのバスマンなどの特定のアンプは、キャビネットが閉じた2 x12インチのバスマンとは音が異なります。また、スピーカーは同じサイズであっても、異なるサウンド特性を持つことができます。

多くのブルースプレーヤーは、滑らかな音から焼けるような音まで幅広い音色を生み出すことができるので、古いオープンバックの4 x10インチフェンダーアンプを誓います。

大きなロックサウンドが必要な場合は、ギターを1つまたは2つの4 x12インチキャビネットを備えた100ワットのヘッドに接続することをお勧めします。

ある有名なギタリストは、現在の聴覚の問題を説明しているかもしれない4つの4 x12インチのキャビネットを好みました。

今日のメーカーは、特定のサイズのキャビネットと特定のサイズのスピーカーセットを組み合わせることで、アンプをカスタム調整できます。

ライブ/スタジオ/練習用

このトピックは、練習用アンプ、スタジオアンプ、ライブアンプとして使用できるため、最新のモデリングアンプの登場により重要性が低くなっています。

Line 6 PODシリーズのような、スタジオアプリケーション用の興味深いモデリングモジュールもあります。

これらは、洗練されたDSP処理のおかげで、驚くべき一連のアンプモデルと素晴らしいデジタルエフェクトを提供します。

当然のことながら、理想的な状況は、スタジオでの作業や自宅での使用に特化したセットアップと、より大きな会場で行われるギグ用にセットアップすることです。

音楽テクノロジーのすべての分野と同様に、今でもプレミアム価格を誇るブティックアンプとヴィンテージのリイシューを除いて、今日は驚くほどの価値があります。

アンプの種類

ギターアンプには、ソリッドステート(アナログ)、チューブ、モデリング(デジタル)、ハイブリッドの4種類があります。

ソリッドステートアンプ

これらのアンプは、プリアンプとパワーセクションにトランジスタを使用しているため、ソリッドステートと呼ばれます。信頼性が高く、修理が必要になることはめったにありません。

多くの場合、「歪み」もありますが、非常にクリーンなトーンであることがよくあります。これらのアンプは、頑丈で信頼性の高いツーリングアンプを探しているプレーヤーに人気があります。最も低コストの「練習用」アンプはソリッドステートです。

真空管アンプ

暖かく、太い音色と「有機的な」歪みのために、多くのギタリストに好まれる真空管アンプ。真空管アンプは通常、同じワット数のソリッドステートアンプよりも大きな音を出し、ソリッドステートアンプにはない明確な「感触」を持っています。

ほとんどの真空管アンプには、クリーンなトーンから歪んだトーンに瞬時に切り替えることができる個別のチャンネルがあります。チューブの性能は時間の経過とともに低下する可能性があるため、チューブは時々交換する必要があります。

モデリングアンプ

モデリングアンプは、デジタルプロセッサを使用して、昔ながらのチューブテクノロジーのサウンドをシミュレートします。これらのアンプは、真空管アンプ(およびキャビネット)のサウンドを「モデル化」するソフトウェアを使用して、多数のアンプのサウンドを1つのボックスに収めます。

モデリングアンプはプログラム可能で、多くの場合、遅延、コーラスなどのデジタルエフェクトが組み込まれています。録音インターフェイスまたはPAシステムに直接接続するためのスピーカーシミュレーションを備えたデジタルまたはアナログ出力を含むものもあります。

ハイブリッドアンプ

これらのアンプは、各タイプのアンプの最高のものを1つのパッケージに組み合わせて、アンプのソリッドステートパワーセクションと組み合わせて実際のチューブを使用します。

多くのハイブリッドアンプは、プリアンプセクションに真空管を使用し、パワーセクションにソリッドステート回路を使用して、パワーチューブを使用せずに真空管トーンを作成します。

構成

増幅の種類に加えて、アンプにはさまざまな構成があります。コンボ(組み合わせの略)は、アンプとスピーカーを1つのキャビネットに収めた自己完結型のユニットです。

アンプは、ヘッドキャビネットとスピーカーキャビネットも別々になっています。これらにより、事実上すべてのスピーカーキャビネットで任意のアンプヘッドを使用できます。

また、アンプを2つのユニットに分割し、各ユニットを1つのコンボよりも軽量で持ち運びに便利にします。2つのキャビネットと1つのヘッドを組み合わせることを「スタック」と呼びます。

構造

キャビネットを構成するために使用される木の厚さは、音質を決定する主な要因です。使用する木材が薄いほど、スピーカーが振動して緩む可能性が高くなります。

少なくとも1/2インチの厚さは、強い音を実現し、スピーカーを所定の位置に保ちます。音質を決定するもう1つの要因は、アンプのバックが開いているか閉じているかです。クローズドバックギターアンプは、スピーカーからのより良い低音応答を生成します。

アンプをギグからギグに移動するとき、彼らが少し強打されることは非常に一般的です。優れたコーナープロテクターは、ギターアンプの寿命を延ばします。

パワーとスピーカーサイズ

アンプに選択するスピーカーの電力定格とサイズは、アプリケーションと価格にある程度依存します。

練習用アンプは通常、低電力(10〜30ワット)および小型(8インチまたは10インチ)スピーカーを備えたソリッドステートまたはモデリングコンボユニットですが、いくつかの小型真空管アンプがあります。

リハーサルや小規模な会場での演奏には、平均電力定格が約50ワットのチューブおよびモデリングコンボアンプと、より豊かなサウンドを実現する12インチスピーカーを検討してください。

大規模な会場や大音量で演奏する場合は、平均100ワット以上の電力を期待してください。

「ツイン」、つまり12インチスピーカーのペアを備えたコンボアンプを使用できますが、ここでは、ヘッドキャビネットとスピーカーキャビネット(「スタック」)を分離するのが最も効果的です。

その他のオプション

リバーブユニット

非常に自然な響きのスプリングリバーブを使用するアンプもあれば、デジタルリバーブを使用するアンプもあります。

エフェクトループ

これらのジャックを使用すると、アンプのプリアンプセクションの後にストンプボックスまたはラックユニットを追加して、エフェクトノイズの増幅を回避できます。

チャネル切り替え

これらのアンプを使用すると、通常はクリーンなトーンから歪んだトーンに変化するさまざまなプリアンプチャンネルを切り替えることができます。

フットスイッチが含まれているかどうかを確認します。デジタルアンプでは、リモートでトーンを変更するために、追加の多機能フットスイッチを購入する必要があることがよくあります。

ビルトインエフェクト

多くのアンプは、組み込みのエフェクトで有名です。トレモロは、多くのアンプが備えているもう1つのエフェクトです(サーフギターに最適です)。モデリングアンプには通常、複数のデジタルエフェクトが組み込まれています。

おすすめギターアンプ

Vox / Pathfinder 10

Vox / Pathfinder 10
Vox / Pathfinder 10

Vox ( ヴォックス ) / Pathfinder 10 は、定番の自宅練習用アンプです。

伝統的なVOXアンプのデザインを継承し、10Wでありながら、自宅での練習だけでなく、レコーディングやライブにも耐えうる出力があります。コンパクトながら、VOXらしいブリティッシュサウンドを出すことができます。

切り替え可能なクリーン/オーバードライブスイッチを搭載しており、VOX特有の暖かみのあるサウンドから、クリーントーン、ディストーションまで対応しています。

価格がかなりリーズナブルなので、ギター初心者の方の初めてのアンプにおすすめです。

Fender / Frontman 10G

Fender / Frontman 10G

Fender ( フェンダー ) / Frontman 10G は、ベストセラーの自宅練習用アンプです。

真空管のないソリッドステートタイプで、FRONTMANシリーズの中では最小のエントリーモデルです。

オーバードライブスイッチを搭載した2chタイプで、フェンダーのような艶と弾力のあるクリーントーンから、オーバードライブやディストーションサウンドまでカバーしています。価格や大きさからは想像もつかないようなボリューム感とソリッドなサウンドが得られます。ヘッドホンジャックとCD入力を装備しており、自宅での小音量での練習に最適です。

Yamaha / GA15II

Yamaha / GA15II

Yamaha ( ヤマハ ) / GA15II は、本格的なサウンドの家庭用練習用アンプです。

3バンドEQや、ドライブ&クリーンの2ch、ヘッドフォン端子やオーディオプレーヤーを接続して音楽などに合わせてジャムセッションを行えるAUX IN端子を装備した、ギター練習に便利な機能を搭載した アンプです。

ギターアンプらしい音を出すオープンバックを採用し、出力も余裕がありクリーンなトーンが綺麗に出力されます。安価で軽量なミニアンプですが、基本性能をしっかりと抑えた本格的なモデルで、ちょっとしたコンサートにも対応できます。

Marshall / Code25

Marshall / Code25
Marshall / Code25

Codeシリーズ は、マーシャル初のフルデジタルのモデリングアンプです。プラグイン・メーカーSoftubeと共同で開発されました。

JTMなどのビンテージアンプからJCM/JVMなどのクラシックアンプまで、数々の有名なマーシャルアンプを完全網羅しています。エフェクトも搭載しており、無料アプリ「Marshall GATEWAY」を使ってiPhone/iPadからパラメータをコントロールすることができます。

Fender / Mustang GTX100

Fender / Mustang GTX100
Fender / Mustang GTX100

Fender ( フェンダー ) / Mustang GTX100 は、豊富な機能と他に類を見ないパフォーマンスを誇るデジタルギターアンプです。

多彩なアンプ・モデリング、多数のエフェクト、200種類のオンボード・プリセットにより、ほぼ全てのジャンルをカバーするサウンドを提供します。

視認性の高いフルカラー・ディスプレイにより、選択したアンプ・モデルやエフェクトなどの設定を見やすく表示し、モジュラー・シグナル・パスにより、シグナル・チェーンの任意の場所にエフェクトを配置することができます。

Boss / Katana-Mini

Boss / Katana-Mini
Boss / Katana-Mini

Boss(ボス)/ Katanaシリーズは、フラッグシップモデル「WAZA AMP」の真髄を捉えたアンプです。クラスを超えたサウンドと本格的な真空管レスポンス、充実したエフェクトでギタリストから高い評価を得ています。

Katana-Miniは、高級感のある本格的なサウンドをポータブルサイズに凝縮した電池駆動アンプです。

本格的なステージクラスのアンプと同様に、徐々にゲインを上げてダイナミックで表情豊かな歪みを生み出すアナログゲイン回路、シンプルなEQではなくヴィンテージアンプ回路と同じ回路を採用 3 バンドトーンスタックと、温かみのある残響が特徴のディレイを搭載し、クラスを超えた音作りと演奏を楽しめるミニアンプです。手軽に持ち出せる小型軽量ボディとバッテリー駆動で、様々なシチュエーションで本格的なロックサウンドを楽しむことができます。

Yamaha / THRシリーズ

Yamaha / THRシリーズ
Yamaha / THRシリーズ

Yamaha ( ヤマハ ) / THRシリーズ は、定番のモデリングアンプです。

「CLEAN」「CRUNCH」「LEAD」など、おなじみのアンプモデルの他、マーシャル系の「BRIT HI 」、メサブギー系の「MODERN」など合計8種類ものアンプタイプを選択できます。

リバーブやディレイ、コーラスなど主要な空間系エフェクトも搭載しています。

フルワイヤレス対応、バッテリー駆動も可能で、自宅練習用アンプに最適なモデルです。

 / Yamaha / THRシリーズ
Yamaha / THRシリーズ

Marshall / DSL5C

Marshall / DSL5C

Marshall / DSL5Cは、Marshallが世界に誇るクラシックアンプ「JCM2000 DSL」のサウンドを再現したアンプ「DSLシリーズ」の中で最小クラスのコンボアンプです。

クリーンからクランチのクラシックゲインと、モダン・ハイゲインサウンドのウルトラゲインの2ch仕様(付属のフットスイッチで切り替え可能)です。本物の真空管を採用しており、マーシャルのロックサウンドを自宅で手軽に楽しむことができます。

Vox / Mini5 Rhythm

Vox / Mini5 Rhythm
Vox / Mini5 Rhythm

Vox ( ヴォックス ) / Mini5 Rhythm は、クリーンからハイゲインまで全てを網羅する11種類のアンプモデリングに、コーラスやトレモトなどを含む8種類のエフェクト、様々な音楽ジャンルに合わせた99種類のリズムパターンを内蔵した小型ギターアンプです。

ストリートパフォーマンスから自宅レコーディングまで幅広く対応できます。

Blackstar / Fly 3

Blackstar / Fly 3
Blackstar / Fly 3

Blackstar ( ブラックスター ) / Fly 3 は、スマートフォンとほぼ同じサイズの小型ポータブルアンプです。クリーンとオーバードライブの切り替えが可能な2ch仕様、ディレイエフェクトの搭載、バッテリー駆動にも対応しています。

ツマミが4つしかないので、操作もシンプルで簡単です。初めてのアンプとしてだけでなく、屋外に気軽に持ち運べる2台目のアンプとしてもおすすめです。

また、MP3/Line In端子を搭載したフルレンジスピーカーを搭載することで、スマートフォン/タブレット/MP3プレーヤー内のミュージックライブラリ内の音楽を再生することができ、ジャムセッションや屋外での音楽再生にも対応しています。

Roland / JC-22 Jazz Chorus Guitar Amplifier

Roland / JC-22

Roland ( ローランド ) / JC-22 Jazz Chorus Guitar Amplifier は、ローランドの超定番コンボアンプ「JC-120 ジャズコーラス」のマイルーム・サイズにしたモデルです。

1975年のシリーズでリリースされて以来、「JCクリーン」と呼ばれるアイコニックなサウンドは、常に音楽シーンの第一線で数々のレコーディングやライブを支えてきました。

ツイン・アンプ/スピーカーというユニークな基本設計により実現される、現代的なステレオ入力仕様と独自の空間合成コーラスも健在です。

ジャズ・コーラスサウンドを自宅で手軽に楽しめる家庭用アンプです。

Fender / Mustang LT25

Fender / Mustang LT25
Fender / Mustang LT25

Fender ( フェンダー ) / Mustang LT25 は、2019年3月に登場したフェンダーの次世代デジタルギターアンプ「Mustang GT」シリーズのエントリーモデルです。

フェンダー歴代の 20種類のアンプサウンド、25種類のエフェクト、50種類のプリセットトーンを収録しています。

フェンダートーンからモダンなハイゲインアンプトーンまで、ディストーションからコンプレッサー/空間系/オクターバーまで幅広いエフェクトを搭載しており、あらゆるサウンドメイキングに対応できます。

エントリークラスのギターアンプの中では、群を抜いて幅広い音作りが可能です。

Playtech / Jammer Jr.

Playtech / Jammer Jr.
Playtech / Jammer Jr.

Playtech ( プレイテック ) / Jammer Jr. は、楽器通販サイトのサウンドハウスが手がけるオリジナル・ブランド「プレイテック」のギターアンプです。

出力5W、3.3kgのコンパクトサイズで、自宅での練習に最適です。高品質な6.5インチスピーカーを搭載しています。特に注目すべきは、1つのノブでクリーン、オーバードライブ、ディストーションをリニアに変化させるJAMMER Jr.独自のゲインコントロールです。奥行き感のある豊かなクリーントーンや、ガッツのある歪みサウンドなど、様々なサウンドがこの1台で演奏できます。

Roland / Micro Cube GX

Roland / Micro Cube GX
Roland / Micro Cube GX

Roland(ローランド) / Micro Cube GX は、電池駆動に対応した超小型ギターアンプです。

Rolandの独自技術COSMによる7種類のアンプ/6種類のエフェクトを搭載しています。

iPhone/iPadなどのiOSデバイスをミニケーブルで本機のi-CUBE LINK端子に繋ぐことで、iOSデバイス用オーディオ・インターフェースとして機能します。

Vox / Adio Air Gt

Vox / Adio Air Gt
Vox / Adio Air Gt

Vox / Adio Air Gt は、Vox初の家庭用モデリングアンプです。

電池駆動に対応、持ち運びが便利なコンパクトサイズのボディに11種類のアンプモデリングを搭載しています。

ギターアンプとしての機能だけでなく、リスニング用Bluetoothスピーカーとしても動作する、現代仕様の多機能モデリングアンプ&オーディオスピーカーとなっています。