フレットレスベースおすすめ5選!メリットデメリットも解説【2021年】

ベース

この記事では、フレットレスベースのメリットとデメリットを解説し、おすすめのフレットレスベースを紹介します。

フレットレスベースとは

フレットレスベースとは、その名の通りフレットがないベースです。

フレットレスベースは、フレットの代わりにガイドライン(ポジションマーク)がついているものと、ついていないものとがあります。

フレットがないという点以外は、一般的なエレキベースと違いはありません。

フレットレスベースのメリット

自由な音程

フレットレスベースは、音を半音単位で区切るフレットがないため、半音の間の音程を自由に演奏できます。

スライドを使ったり、中間音を使ったりすることで、フレット付きのベースでは出来ない表現力の豊かな演奏ができます。

フレット付きのベースでも、チョーキングにより音程を上げることができますが、下げることはできません。フレットレスベースなら自由に音程を上げ下げすることができます。

フレットバズがない

フレットレスベースはフレットがないため、弦がフレットに当たってしまい発生するフレットバズ(ビビり音)がありません。

フレットレスベースのデメリット

演奏が難しい

フレットレスベースでは、半音単位の正確な音程を出すのが難しいです。

この演奏の難しさが、フレットレスベースの最大のデメリットといえます。

おすすめフレットレスベース

Squier / Classic Vibe ’60s Jazz Bass Fretless

Squier / Classic Vibe '60s Jazz Bass Fretless

Squier ( スクワイヤ ) / Classic Vibe ’60s Jazz Bass Fretless は、フェンダーの低価格ブランドSquierのフレットレスジャズベースです。

Squier / Classic Vibe '60s Jazz Bass Fretless
Squier
Classic Vibe '60s Jazz Bass Fretless

Fender / Player Jazz Bass Fretless

Fender / Player Jazz Bass Fretless

Fender ( フェンダー ) / Player Jazz Bass Fretless は、フェンダーブランドの中では、低価格なプレーヤーシリーズのフレットレスジャズベースです。

Fender / Player Jazz Bass Fretless
Fender
Player Jazz Bass Fretless

Fender / American Professional Jazz Bass Fretless

Fender / American  Professional Jazz Bass Fretless

Fender ( フェンダー ) / American Professional Jazz Bass Fretless は、フェンダーの上位シリーズであるAmerican Professionalシリーズのフレットレスジャズベースです。

最新鋭V-ModシングルコイルJazz Bassピックアップを搭載しています。

バランスのとれたトーン、透きとおるようなローエンドが特徴です。

演奏性に優れたSlim Cシェイプネックを採用しています。

Fender / American  Professional Jazz Bass Fretless
Fender
American Professional Jazz Bass Fretless

Fender / Tony Franklin Fretless Precision Bass

Fender / Tony Franklin Fretless Precision Bass

Fender ( フェンダー ) / Tony Franklin Fretless Precision Bass は、フレットレスの達人として特にハードロック界での功績が大きいトニーフランクリンのシグネイチャーモデルです。

Fenderとしては珍しいエボニー指板を採用しています。

Fender / Tony Franklin Fretless Precision Bass
Fender
Tony Franklin Fretless Precision Bass

Fender / Jaco Pastorius Jazz Bass

Fender / Jaco Pastorius Jazz Bass

Fender ( フェンダー ) / Jaco Pastorius Jazz Bass は、フレットレスベースで有名なベーシストであるジャコ・パストリアスのシグネイチャーモデルです。

フレットレス&フラットワウンド弦でしか得ることができない、独特の滑らかなフィーリングが楽しめます。

Fender / Jaco Pastorius Jazz Bass
Fender
Jaco Pastorius Jazz Bass

フレットレスベースにおすすめの弦

フレットベースには、フラットワウンド弦がおすすめです。

ベースの弦には、以下の2種類があります。

  • ラウンドワウンド弦
  • フラットワウンド弦

フレットレスベースには、フラットワウンド弦がおすすめです。

ラウンドワウンド弦とは

ラウンドワウンド弦は、エレキベースで一般的に使われているタイプの弦です。

ラウンドワウンド弦は、スチール弦で、芯線が丸く巻かれている弦のことです。

音の立ち上がりがよく、倍音を多く含んだ明るい音を出す傾向があります。

表面が荒いため、上下にスライドする際に指のノイズが多くなり、フレットレスの指板が摩耗する可能性があります。

フレット付きのベースには、ラウンドワウンド弦がおすすめです。

フラットワウンド弦とは

フラットワウンド弦はラウンドワウンド弦と同じように、芯線に巻線が巻きつけられていますが、フラットワウンド弦では平たい巻線が使われています。このためフラットワウンド弦は、表面が非常になめらかでツルツルとした仕上がりになっています。

音は倍音の少ないマイルドなサウンドになります。

表面がなめらかなため、指をスライドさせやすくフレットレスベースに適した弦です。